たすきリレーの普及啓発のため日本列島1万㎞完走

元東京都児童相談所職員 井上幸夫(イノウエユキオ) プロフィール

    

  1953年生まれ。1981年、東京都に福祉の専門職として入る。児童自立支援施設19年、障がい者施設5年、児童相談所9年。20143月定年退職。

  33年間の中で、施設でWITHの精神を学び、また、子どもを援助するうえで、決してあきらめない気持ち(粘―ギブアップ)やチームワーク、そして笑顔の大切さを実感。

 2007年に神奈川・東京のたすきリレーに出会い、中学から始めた陸上競技(マラソン)が虐待防止に役立つことに気付く。それ以来、全国各地で開催されることを夢見る。

 2010年から2017年1月までに、岐阜、滋賀、小山市、高知、下関市、名古屋市、長野、茨城、徳島、静岡、香川、島根、大分、鳥取、九州中部横断、熊本、福島、野木町のたすきリレーに参加。各地域のたすきを肩に掛けて走り、たすきの交流が広がっている。

 2014年10月から、「オレンジリボンたすきリレー目指せ!日本一周」というテーマで、子どもの明るい未来を願う虐待防止のシンボルであるオレンジリボンのたすきを掛けて、47都道府県を1年掛けて一筆書きに単独走破(約9千㎞完走)、また約350か所の関係機関等を訪問・交流・宿泊。道中、各地で大勢の方とウィズラン(一緒に走ること)する。

2015年10月横浜・山下公園に無事ゴールする。

2016年11月、4月に起きた熊本地震の復興支援として、日本一周等で知り合った全国の関係機関等にオレンジ色のたすきに応援メッセージの寄せ書きを呼び掛け、寄せられた34本のたすきを大分から熊本まで現地や東京などの皆さんとウィズランしながら150㎞を2泊3日掛けて走って届ける(子どもたちに笑顔を届ける「九州中部横断たすきリレー」)。